ワーキングマザーが綴る日々のひとりごと・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中耳炎再発です >_<
2007年08月24日 (金) | 編集 |
ここ最近調子のよかったライオン丸の耳ですが、昨日夜中、「ヒーン」と息子が少しだけ夜泣きしていたので見てみると、右耳をしきりにこすっていました。そして、クチュクチュというイヤ~な音が・・・。
耳垂れが出てました・・・。
今日耳鼻科に行ったのですが、やはり中耳炎再発。
チュービングをして鼓膜に穴の開いている左耳はだいじょうぶだったのですが、チューブが取れて鼓膜が閉じてしまっている右耳が再発していました。
最近ずっと鼻水がでていて、それが耳にきてしまったんでしょう・・・。
油断して早めに対処しなかったのが悪かったな~・・・ゴメン息子。
しばらく飲み薬と点耳薬で様子見です。
プールも残念ながら中止。結局この夏は保育園のプールは半分もできませんでした。

娘は2歳過ぎて中耳炎を繰り返さなくなったけれど、息子ははまだまだ先が長そう。
先生も「女の子より男の子の方が体が弱いからねー」そして「この冬がまた怖いね」と・・・。
なんとか早く良くなって欲しいものです・・・。

↓参加しています。応援のクリックお願いします!
にほんブログ村 子育てブログへ







スポンサーサイト

右耳チューブ取れました
2007年06月15日 (金) | 編集 |
ライオン丸、滲出性中耳炎の治療のため、生後10ヶ月くらいの時から両耳鼓膜に穴をあけて、その穴が閉じないようにチューブを入れていました。
先日の1ヶ月おきの定期検診のとき、右耳のチューブが自然にはずれていたようで、先生がチューブを摘出。
緑色の小さなチューブ。
1年以上耳に入っていたこのチューブのおかげで、それまで何度となく繰り返してきた滲出性中耳炎にかかりにくくなり、耳垂れが出ることはありましたが、あまり悪化することなくここまでくることができました。

娘も同じように生後2ヶ月で中耳炎になり、点滴入院やチュービング手術で入院・・・と大変な思いをしましたが、チューブがはずれたあと、2歳をすぎると免疫・体力がついてきたのか、中耳炎を繰り返さなくなりました。

息子も2歳を過ぎ、保育園生活も2年を越すとめっきり病気の回数が減りました。鼻水はしょっちゅう出ているような状態ではありますが、それでも耳にはくることなく。
左耳はまだチューブが入っていますが、どちらかというと左のほうが状態が悪かったので、このまま自然に取れるまで様子を見ようと思っています。

このまま、中耳炎にかからないようになるといいな。
通院、入院と二人とも大変でしたが、子供達が大きくなったら、きっと「大変だったんよ~」と笑って話せるようになるでしょう


耳鼻科へ行きました
2007年02月25日 (日) | 編集 |
ライオン丸の耳垂れが止まってから約1ヶ月たとうとしています。
が、先日右耳の耳かきをしようとしたところ、今まで見えたことのなかった緑色の物体(チューブ)が耳の奥のほうでなんだかうっすら見えるではないですか!!
これはチューブがはずれてしまったかな~・・・と耳鼻科を受診することに。
かかりつけ医はインターネットや電話で予約が出来るのですが・・・2月はじめはあまり患者さんいなかったのに、さすが花粉症シーズン、患者さんも多く、予約しても30分以上は待ったでしょうか。予約してなかったら1時間以上待つことになったかも。
まあこれでも予約が出来なかった頃よりはマシ。その頃は2時間待ちなんてザラでしたから。毎年耳鼻科の混み具合で「ああ~もう春になるんだな~」と感じてしまいます。
結局ライオン丸のチューブは取れてはいなかったようですが、はずれたら自然に出てくるから、ということで、とりあえず様子見になりました。

で、ついでに、ということで、3、4日前から目がかゆくて鼻がムズムズする私も受診。3、4年前に一度花粉症で受診し、アレルギー検査をしたのですが、そのとき杉とヒノキに反応。そのときは授乳中だったので、漢方薬が出ました。
その後何年かはたいした症状はなかったのですが、今年はきました・・・。
くしゃみ連発。目はかゆくてかゆくてたまりません。
寝る前に飲む薬が出たのですが、コレが眠くなる薬らしく。
とりあえず明日は日曜で休みなので、飲んで様子を見てみて、とのことでした。
個人差もあるでしょうけど、日中あまり眠くなっても、運転や仕事に差し支えるし・・・。
2時間前くらいに薬を飲んだのですが、今のところ特に眠くなる様子なし。
この薬がどのように効くのか、明日は実験です~。

またまた耳垂れ
2007年01月10日 (水) | 編集 |
昨日の夜、寝る前くらいから異様に左耳を触り、グズるライオン丸。
夜泣きもひどくて、2,3時間おきにビービー泣いていて、そのたびに左耳を触っていました。
これは左耳も耳垂れが出る前兆?!と思っていたら、やっぱり、朝起きたら左耳から耳垂れがでて、髪の毛がペッタリくっついて乾いていました・・・

ちょうど今日は耳鼻科受診の日だったのですが、右はだいぶ落ち着いてきた(耳の中で耳垂れが乾いてパリパリになっている)ものの、左耳も耳垂れが出始めているので、点耳薬を右と左、両方に差して下さい、とのことでした。
抗生剤も、前回、小児科で出るものよりかなり多目の量が出ていて、お腹にくるので一緒にに整腸剤も出ていましたが、ライオン丸は腸が強いのか下痢などなかったので、もうしばらく続けることに。
今日はグズることもなくスヤスヤ寝てくれましたが、また週末に受診です。

よく言われるのですが、耳鼻科の先生は、少し症状が悪くなると、「おじいちゃんおばあちゃんは近くにいないのか?」と聞いてきます。
要するに、保育園が諸悪の根源(病原菌の集まり)なのだから、集団生活から少し離しておくと症状も改善する、ということです。その間祖父母に見てもらえないのか、というワケですが・・・
それができないから保育園に行ってるんじゃないですか!!
と何度心の中で思ったことか・・・。
決して悪い先生ではないんです。たまリンのときからの長いお付き合いで、信頼もしているし、まあそういった事情もわかってはくれるのですが。

たまリンは3歳になった頃、ようやく中耳炎を繰り返さなくなりました。
ライオン丸も、今年はチュービングをして2回目の冬。
なんとか今年を乗り切ってくれたら、チューブがはずれたとしても、来年の冬にはもっと免疫がついて繰り返さなくなるのでは・・・と期待しながら、泣き叫ぶ息子をひっつかまえて、点耳薬を差し続ける今日この頃です。

またまた耳鼻科
2006年11月14日 (火) | 編集 |
もう何回通ったか忘れましたが・・・鼓膜に入れたチューブについた耳アカが点耳薬でなかなか柔らかくならないため、1週間おきに耳鼻科に通っています。
「今日こそ!!」と気合を入れて点耳薬をしていたのですが・・・
今日も結局まだ固くてとれませんでした。

だいたい、じっとしていない息子に10分そのまま、なんて絶対ムリ!!
泣く息子をはがいじめにして薬を差しても、すぐ起きて逃げちゃうし。
寝ているときに差したりもしてみましたが、やっぱり液体が耳に入ったのがわかるようで、すぐ向き変えちゃうし。

飲み薬は水に溶かしてすんなりゴックンしてくれるライオン丸なのでその点は助かるのですが。
たまリンはどうしても飲んでくれなくて、水、ゼリー、アイスなどなどいろんな方法を試した経験アリなので・・・。

点耳薬毎日差すの、こちらも正直かなりストレスになっています。
何かいい方法ないかなあ・・・。
ぜーんぜんしたことのない旦那にはこんな苦労わからんだろうな~・・・。

帰りはたまリンとお約束していたハッピーセットを購入。
ずっとニモが欲しい欲しいと言っていたので・・・。
夕食簡単に済ませちゃいました・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。