ワーキングマザーが綴る日々のひとりごと・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏休み最初の1週間
2012年07月29日 (日) | 編集 |
夏休みはじまって1週間経過。

・・・疲れました 早くも。

とにかく毎日暑かったっていうのもあるんだけど・・・
なんだかすっごく疲れた1週間。
夜10時には疲れ果てて眠くなる毎日です・・・。

ラジオ体操があるので、毎朝6時起床。
通常より30分早いだけなんですが、これがまずツライ。
月曜日・火曜日とラジオ体操に引率したけれど
水曜日からは子供たちだけて行ってもらってます。
夫が出勤する7時までに弁当作らないといけないので、
途中にラジオ体操に行ってると結構時間ギリギリで。
まあラジオ体操はあと1週間で終了なので、
最終日の金曜日くらいは行ってみようかな・・・。

息子は学童へ行って午後からは毎日プール。
なんだかこの1週間で日焼けしてすっっっごく黒くなった・・・。
お友達にいじめられたとかなんとかいって
もう学童行きたくないとかいうこともあるけれど、
単純男子なので、一晩寝ると忘れちゃう。
朝になると元気に行ってくれるので助かります。

娘は家で留守番。
午前中は家で宿題やエレクトーンの練習をして、
ヒルナンデスを見ながらお弁当を食べてるらしい^^
一応、暑い時期なので、お弁当(おかずのみ)を冷蔵庫に入れるようにしてるんだけど、
電子レンジの使い方を教えたので、チンして食べてるようです。
IHも使おうと思えば使えるとは思うけれど、
カップラーメンのお湯がかかって大やけどしたお友達を知っているので
まだちょっと私が怖かったりして。
いつまでも過保護ではいけないのはわかってるけど・・・。
やっぱり子供だけで何かあったら・・・と思うと
ガスコンロほど火の心配はないとはいえ、躊躇しちゃいます。

午後からはプールに行ったり、お友達と宿題をしたり。
大人のいない家に子供をあげてはいけない、あがってもいけないと
結構キツく言っているので、一応守ってはいるみたいだけど、
毎日何かしらで電話してきます。
お友達トラブルも多少はあるみたいで・・・。
でも、あまりの暑さに、外で遊んでるお友達も少ないみたいで、
結局は家でゴロゴロしたりしてることも多いみたい。
心配はいろいろあるけれど、
まあ・・・こればっかりは親子とも慣れるしかないです。

宿題は、二人ともまあまあ順調に進んでいるようです。
息子の字の雑なのにはちょっと困りものですが、
夏休み帳はすでに終わってしまったし、
貯金箱がまた作りたい!!(去年も作った)というので
いろいろ挑戦してみてもらいたいな。
娘は小1の時に読書感想文を書いたけれど
親が大変すぎてそれから全然チャレンジせず(苦笑)
今年はそろそろ自力で書けるかな・・・と
書いてみたら?とすすめているところです。


平日は仕事仕事で全然かまってやれない夏休みですが、
絵日記ネタのためにも土日くらい・・・と思い。

土曜日は地域のお祭りに少し行ったあと、花火大会に行ってきました。
去年は秋吉台に行って、迫力あってとてもよかったんだけど、
ヤマハのレッスンの時間の都合なんかもあって、
今年は近場の花火を見ることに。
それも、渋滞を避けたいので、私の会社のあるビルの屋上から^^
音は4秒くらい遅れて聞こえたけれど、
形はちゃんと見えたし、とてもきれいでした。

そして今日は、子供たちが学校でもらってきたたくさんのチラシの中から、
特に行きたがっていたコレに↓

hagihaku.jpg

山口市からは車で1時間くらいでいける、萩市の博物館。
そこでやってる「最恐!危険生物アドベンチャー」というのを見てきました。
トラとかサメとか、毒のある昆虫や魚などなど、
危険な生物がたくさん展示されてて、なかなかおもしろかったです。
まあ・・・小さなお子さんで「コワイ」って泣いてる子もいたけど
小学生くらいになるとそんなことはないかな。

行ったときにちょうど行われていたのが、
海外でたくさんの怪魚を釣りあげた小塚拓矢さんという方の講演会。
釣女の娘にとってはなかなかたまらん話だったようで。
クイズなんかもあったんだけど、
これがまた・・・wiiのファミリーフィッシングというゲームで
かなり魚通になってる夫・娘が、
魚の名前をすっごく知ってることにビックリ・・・
ゲームもなかなかあなどれません~。
終わった後は、その小塚さんにサインをもらいに行く娘にまたビックリ・・・。
釣りあげた魚の標本とパチリ↓
hagihaku2.jpg

ここの博物館は毎年夏はなかなかおもしろい展示をやっているし、
吉田松陰や高杉晋作など、歴史好きな人にもオススメ。
土足をスリッパに履き替えて室内に上がるのもなかなか博物館にしてはめずらしい。
建物もとってもキレイでした。
レストランで食べた夏みかんソフトクリーム(バニラに夏ミカンジャムが入っている)も
とっても美味でした♪

この博物館の見学、レポートにして出すと、自由研究の宿題になるみたい^^
そのほかにも、いろんな施設の見学とか工作体験とかも宿題の対象になるみたいなので
これからもいろいろ行けたらいいなあ。

夏休みはまだまだこれから・・・先が長くてゲッソリですけど、
楽しい思い出作りに親も頑張らないとね


そうそう。胆石の母。
一応、痛みもおさまり、10日間で退院できました。
ひとまず安心。
ただ、やはり1カ月後くらいに手術をするみたいです。
石がかなり大きかったらしい・・・。
手術は心配だけど、早く完治してほしいです。


↓参加しています。ポチっとお願いします
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

夏休みを 「うのきろり~!!」
2012年07月21日 (土) | 編集 |
いつの間にか梅雨が明け。
夏休みが始まりました・・・。

終業式前の個人懇談会。
息子の通知表を見て撃沈・・・
「もう少し」が二つもついている・・・。
それも国語と算数に。
読解力のなさがここに出たか・・・。
本が嫌いで、算数も文章問題になるとからっきしダメ。
これは夏休みの間の課題だなー
公文とか塾に行かせた方がいいのか・・・?とか思ったりも。
二学期からは掛け算も始まるしね。。。
二年生でつまずいてる場合じゃないし。
でもでも、勉強以外ではトラブルもさほどなく、
お友達にやさしい言葉をかけてあげることもあるみたい。
悪いことばっかりじゃなくて少し安心^^

その次に娘。
先生からも「お母さんも心配されることはないでしょう?」
と言われるぐらいとてもよい通知表でした。
まあ勉強はできるし手はかからないしっかりした子なので・・・。
それでもそれなりにトラブルはあるし、悩みはいろいろ尽きません

夏休みの間学童へ行く息子。
そして今年から学童がない娘。
夏休みの間娘が一人で一日どのように過ごすのか、
心配もありますが、
しっかりした子なので大丈夫だと信じたい。
すでに給食のない数日間で
親の知らないいろんな出来事があったみたいだけど(苦笑)
ラジオ体操、プール当番と、役員の私もそれなりに忙しい夏ですが、
毎日のお弁当づくりが何よりも苦痛・・・


先日広島にて研修があり、1泊2日で出張してきました。
研修は真面目なお話の連続で大変だったけど(眠気をのがすのが)
普段会わない人としゃべって懇親会で飲んで楽しかった^^
そのあと、同郷の上司様に、マツダzoom-zoomスタジアム近くの
フォーク喫茶?フォークソングのお店?へ連れて行っていただき、
お酒を飲みながら、ギター片手にフォークソングを熱唱するおじさま方を鑑賞。
正直・・・わからない歌も多かったけど(世代がね・・・)
初対面でもいきなりギターでセッション!!
すごいの一言でした^^
私も音楽はやってましたが・・・ギターの楽譜って歌詞とコードだけ。
それで即興演奏できるんだから、本当にすごい~。
見知らぬ人同士でも音楽がつなげる「お友達の輪」
音楽ってスバラシイ!!
私の上司様もマイハーモニカをバックから取り出し、
ハーモニカ&ギター&歌を披露してくださいました。
そういう趣味があるっていうことも素敵だなー。
何よりそこのお店のマスター、
若いのに(20代)フォークソングをよく知ってて、
ギターも上手、そして甘くて素敵な高い声。
一緒に行ったお友達もその甘い声にメロメロでした♪

気持ちよく酔ってホテルに帰って携帯を見ると・・・
夫と弟のお嫁さんから何度かの着信とメール。
子供たちを実家に預けていたのですが、
実家の母が具合が悪くなり夜間診療へ行ったらしく・・・
そして実家へお泊りのはずの娘は家に帰ったらしい。
断片的な情報だけなのでワケがわからず
夫に電話するも、すでに11時過ぎ、寝てるのか全く出ず。
結局朝までいろいろ心配で全然寝られなかったワタシ。
やっと朝連絡がつき、詳細がわかったのでした。

どうも前日から少し調子の悪かった母は
(大丈夫、と言ってはいたのですが)
あまりの腹痛に耐えられず、夜間診療にかけこんだらしい。
で、大きな病院へ回され、入院を勧められたみたいだけど、
うちの子供たちのことと準備もあるので、とりあえず帰宅。
次の日入院ということになりました・・・。
急性胆のう炎(いわゆる胆石)だそうです・・・。

息子と娘はその間敷地内同居の弟宅でお世話になってたみたいですが
娘はさみしくなってダンナに迎えに来てもらったらしい・・・。
私がいないときにこんなことになってビックリ。
健康なのが自慢だった母ですが・・・
「今思えば以前も胃痛と思ってたのが胆石の痛みだったのかなあ・・・」と。
痛みがおさまるまで1~2週間入院ののち、
1、2カ月後に手術した方がよい、との話でした。
これを機会に、しっかり体中診てもらって、
いつまでも元気でいてほしいものです。

は!!私も数カ月おきに脂汗モノの胃痛があるのだけど・・・
胃痛と思ってたのが実は・・・石・・・持ってたりして?!




↓参加しています。ポチっとお願いします
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村




ヤマハ 新展開
2012年07月01日 (日) | 編集 |
娘のコンクール・息子の発表会も終わり、
少しのんびりムードのこの頃。
コンクール後は久々に1週レッスンもお休みが入りました。

休み明けの娘のレッスンの時、
いきなり先生から、
「今後を考えてエレクトーン専門の先生に代わっては?」
とお話がありました@@
今習っている先生はピアノが専門の先生なので
高学年になると自分で楽譜を書いたり音を作ったりすることに対応できる
エレの先生のほうがいいのではないか?と・・・。

とりあえず、8月上旬のもう一つのコンクール、
下旬の演奏研究会の修了コンサートまでは今の先生で、
9月から新しい先生で、レッスン会場も変わることに。

という話をしてた矢先、
早くも次回の演奏研究会のオーディションの日程が決まったので
どうしますか?とのお話。
正直テキストを進めてグレードを取りたい!!と言っていた娘。
コンクールはどっちでもいい。発表会のほうがいい。とか
いろいろ言ってはいましたが・・・
最終的にオーディションを受けると言ってくれたので
先生にお話をすると。
なんだかまたまた話が変わり、
7月から30分は今の先生にテキストと今のコンクールの曲のレッスン、
もう30分は新しい先生に来年のコンクールに向けたレッスン、
ということになりました・・・。

土曜日に午前・午後と2会場に移動してのレッスン。
親としては送迎も娘のため・・・と頑張るしかありません。

先日も私の母と話をしてたんですが、
本人の才能もあるとは思うけど、やっぱり先生の力は絶大、と。
私自身、小さいころの先生の記憶はあんまりないけれど、
小学校中学年のころの先生は
コンクール前には自宅のエレクトーンを生徒に開放して
練習させてくれたりもしてました。
当時は本番で使う上位機種のエレクトーンはすごく高くて、
楽器店の本店くらいにしかなく、
先生は自腹で購入したエレクトーンを使わせてくれていました。
通常レッスンもこなしてそのうえにコンクール用の個人レッスン。
選曲、楽譜書き、音作りと、先生もお忙しかったと思います。
時代が変わった今は、小学生でも編曲するんだから
子供も大変だよね・・・。

新しい先生がどんな先生かまだわからないけれど、
娘も先生が変わるとどう変わっていくのか、
楽しみに見守っていこうと思います。


↓参加しています。ポチっとお願いします
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。