ワーキングマザーが綴る日々のひとりごと・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


結婚記念日
2006年10月10日 (火) | 編集 |
今日は8回目の結婚記念日でした。
平成10年10月10日なので、何年目か数えるのがとても楽。
と言っても入籍した日で、結婚式は別の日です。

最初の1、2年は夫が花を買ってきてくれたり、旅行に行ったりしていましたが、ここ数年はお祝いらしいこともすることはなくなってしまいました。
今日も夫は朝も仕事から帰ってきてからも結婚記念日のことは何も言いませんでした。私もあえて何も言いませんでしたけど・・・。
8年って短かったような長かったような・・・中途半端ですが。

私達は結婚して子供が生まれるまで、二人だけの期間が長かったのですが、それが「家で何もしない夫」を作り出してしまいました。
洗濯物は脱ぎっぱなし、ご飯はドカンと座った夫の前にお箸・コップまで並べておかないといけなくて、自分で取りに行くってことをしません。
二人だけのときはまだそれでもよかったのですが、子供が生まれてからはそういうわけにはいかず、どうしても子供最優先になる私。仕事もあるし、どうしても家事が手抜きに。
家事の手抜きは多少多めに見てはくれますが、自分最優先の夫と何度となくぶつかってきました。
男は仕事さえしていればいいという感じの夫。
家事育児はほとんど協力ナシ。
そして、けんかしたりして自分の怒りが爆発すると暴言・暴力をふるう。私に対する「しつけ」という名の。
離婚も考えました。でも子供のことを考えると・・・できませんでした。

ギャンブルもしない、酒も飲まない、仕事はまじめにする夫です。
はたから見るといい旦那さん。
でも・・・。
家庭的ではない。子供が好きではない。
娘は会話も出来るし自分のことはある程度自分で出来るからか、かわいいらしいのですが、息子にいたっては、オムツがえも1回もしたことないし、お風呂も生まれてから2回しか入れてもらってません。ちょっと泣けば「うるさいうるさい」と言われ・・・息子がかわいそうでなりません。

私の職場は男性が多いのですが、お皿洗いや洗濯干し、中には掃除や布団干しまでする協力的でこまめな方が多いのです。そして休日は子供のスポーツ少年団の応援など・・・。
比べてはいけないとは思いつつ、やはり「どうしてうちの夫は・・・」って考えてしまいます。

家事はまだいいんです。でも子供は二人の子供。子供の世話を「やってもらってありがとう」というのはなんだかおかしい気がするのは私だけかな・・・。
でも、すこしでも協力してもらえるように、ささいなことでもやってくれたら「ありがとう」を言っています。そのたびに私の心の中はモヤモヤ・・・ですが。

不満はきっとお互いにあって、夫だって私に不満だらけでしょう。
かといって、話し合いをしても口の立つ夫にはかなわないだろうな。
でも、毎日が平和に過ぎていけばいいなと思って、夫の顔色をうかがいながら、言葉を選びながら生活するのはなんだか疲れたな~・・・。

結婚当初は幸せいっぱいでこんなこと考えるようになるなんて思いもしなかった。
もちろん悪いところばっかりではなく、私の実家の手伝いもよくしてくれるし、いいところもたくさんありますが・・・。

いろんなことを一人悶々と考えた結婚記念日です。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
まずは結婚記念日おめでとうございます!
なんて覚えやすいの~!とまず感動・・・。
うちもいつもお互い忘れててほとんど祝ったことナシ。
でも私があまりイベント重視しないので、ま、いいか・・・という感じです。
気づいたらいつも過ぎてるんだなあ(^_^;)

ダンナ様の教育?!は結構難しいと周りからもよく聞きます。
うちは付き合ってる頃、同棲している頃、少しずつ教育してきたので(笑)
っていうか私がオニヨメなので爆発しちゃうな。

鈴ちゃんは働いていて家事もやって育児もでしょう?
すごいなあと感動します。
私なんて家にいても家事は手抜き、離乳食も手抜き(^_^;)

頑張りすぎないでね。

男はほめて育てろって思うけど、いろんなタイプがいるのでね~。何がベストかって難しいですなあ・・・。

ママだけ頑張り過ぎないようにね。
何もできないけど、応援してます。
2006/10/11(水) 16:34:24 | URL | みそじハハ #-[ 編集]
 先日「はるる」に、初めてパパの参加がありました。「うちの夫は、飲み会で遅くなると、会社近くのサウナにお泊りして出勤するようになった。家に帰ってこないくせに、家庭が大事!とか言うので腹が立つ」とぐちると、その男性が、「男にとったら、家の外から家を守るって感覚なので、家にいないことと、家庭が大事というのは、矛盾してないよ。」と教えてくれました。「家庭を大事にする」って、男女で形やイメージが違うのかもしれません。トトロさんなりの、「妻や家庭や子どもを 大事にするやり方」が、きっとあるんだろうね。
 だからって、暴言・暴力まで、受け入れてはいけません。
ほめられて育ってないからか、「ほめる」「ほめられる」って、慣れてないよね。子どもを通じて、練習してる感じ。夫をほめるのは、私もできてないから、未だに夫の家事能力はゼロですわ。ぐすん。でも、「ありがとう」と「ごめんね」は、惜しみなく言った方が、いいらしい。1%でもそう思った時は、1%程度の軽いノリで、言葉にできたら、いいな~。にょろくんも、できるときに、やってみよ~。
2006/10/12(木) 13:09:38 | URL | にょろくん #-[ 編集]
みそじハハさんへ

ありがとうございます。
夫は躁鬱の気があるのか?ここ数日は機嫌もよく、子供たちにも私にも少しは優しく接してくれることもあります。
付き合っている頃はお互い実家暮らしだったので、家事力ってお互いなかったカモ。私は必要に迫られて料理もするようになったけど今でも家事は苦手。
でもこれからの時代、男でも料理ぐらいできなくては!って思っているので、夫を反面教師に息子にはバンバン家事を仕込むつもりです。
そして娘には「家事の出来る男とつきあえ!」と自分の経験を踏まえてアドバイスするつもり(笑)
夫を誉めて育てるのはなかなかむつかしいですね~。ていうか、少し何かしただけで「○○してやってるのに!」ていう言われ方して、頭にきちゃって「そんな言い方されるならしてくれんほうがマシ!」って行ったことあって・・・失敗ですね~。


にょろくんへ

「妻や家庭や子どもを 大事にするやり方」か~・・・。きっと彼にとっては「まじめに仕事をして家庭にお金を入れること」なんだろうな。それはありがたいことだと思うし、残業代もつかないのに毎日夜遅くまで、土曜祝日も、一生懸命仕事をしてくれることには感謝しています。
ただ、こっちの仕事を軽くみられてるような発言もあって・・・仕事のしんどさは別にして、責任に関しては一社会人としては一緒だと思うんだけどなあ・・・。
「ありがとう」もあまりにもこっちばかり言うとそのうち疲れちゃってさ。たまには「美味しいご飯やお弁当ありがとう」とか、「子供風呂に入れてくれてありがとう」とか言われてみたいもんです。
もし本当に言われたら・・・「気持ち悪い。どうしたの?」と思っちゃうカモしれないけどね。


2006/10/13(金) 15:43:32 | URL | 鈴ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。