ワーキングマザーが綴る日々のひとりごと・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


またまた耳垂れ
2007年01月10日 (水) | 編集 |
昨日の夜、寝る前くらいから異様に左耳を触り、グズるライオン丸。
夜泣きもひどくて、2,3時間おきにビービー泣いていて、そのたびに左耳を触っていました。
これは左耳も耳垂れが出る前兆?!と思っていたら、やっぱり、朝起きたら左耳から耳垂れがでて、髪の毛がペッタリくっついて乾いていました・・・

ちょうど今日は耳鼻科受診の日だったのですが、右はだいぶ落ち着いてきた(耳の中で耳垂れが乾いてパリパリになっている)ものの、左耳も耳垂れが出始めているので、点耳薬を右と左、両方に差して下さい、とのことでした。
抗生剤も、前回、小児科で出るものよりかなり多目の量が出ていて、お腹にくるので一緒にに整腸剤も出ていましたが、ライオン丸は腸が強いのか下痢などなかったので、もうしばらく続けることに。
今日はグズることもなくスヤスヤ寝てくれましたが、また週末に受診です。

よく言われるのですが、耳鼻科の先生は、少し症状が悪くなると、「おじいちゃんおばあちゃんは近くにいないのか?」と聞いてきます。
要するに、保育園が諸悪の根源(病原菌の集まり)なのだから、集団生活から少し離しておくと症状も改善する、ということです。その間祖父母に見てもらえないのか、というワケですが・・・
それができないから保育園に行ってるんじゃないですか!!
と何度心の中で思ったことか・・・。
決して悪い先生ではないんです。たまリンのときからの長いお付き合いで、信頼もしているし、まあそういった事情もわかってはくれるのですが。

たまリンは3歳になった頃、ようやく中耳炎を繰り返さなくなりました。
ライオン丸も、今年はチュービングをして2回目の冬。
なんとか今年を乗り切ってくれたら、チューブがはずれたとしても、来年の冬にはもっと免疫がついて繰り返さなくなるのでは・・・と期待しながら、泣き叫ぶ息子をひっつかまえて、点耳薬を差し続ける今日この頃です。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
そうなんですよね・・・。
わかっているのだけれど
私もアトピーの発疹でも
「水疱瘡ではないですか?」
ちょっとした症状でも、「病院は行きましたか?」
「大丈夫なんですか?」と聞かれます。
「大丈夫」に向けられるのが
りーたんにではなく、病気(保育園でうつらないか)に対してなのが、ちょっとムム!!と思います。

鈴ちゃんさんが言うように
しょうがないですけどねー、働いている方の身になってくれても、体調が悪い子供の身になってくれても。
とは感じます。
2007/01/13(土) 08:24:22 | URL | ディカプ #-[ 編集]
ディカプさんへ
保育園に行く以上、何かしら病気をうつしうつされ・・・って覚悟はしてるんですけどね。それでだんだん強くなってきたんだし。
ただ、病院の先生に言われるとズシンときますね。
言い方一つで「もうこの病院絶対こないぞ~!!」にもなりかねません。
園生活1年超えるごとにだんだん強くなってくる娘を見ているので、息子も今までいろいろ大変だったけど、「そのうち治るときがくる!」と前向きに思えるのかもしれません。
2007/01/17(水) 23:59:50 | URL | 鈴ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。