ワーキングマザーが綴る日々のひとりごと・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


右耳チューブ取れました
2007年06月15日 (金) | 編集 |
ライオン丸、滲出性中耳炎の治療のため、生後10ヶ月くらいの時から両耳鼓膜に穴をあけて、その穴が閉じないようにチューブを入れていました。
先日の1ヶ月おきの定期検診のとき、右耳のチューブが自然にはずれていたようで、先生がチューブを摘出。
緑色の小さなチューブ。
1年以上耳に入っていたこのチューブのおかげで、それまで何度となく繰り返してきた滲出性中耳炎にかかりにくくなり、耳垂れが出ることはありましたが、あまり悪化することなくここまでくることができました。

娘も同じように生後2ヶ月で中耳炎になり、点滴入院やチュービング手術で入院・・・と大変な思いをしましたが、チューブがはずれたあと、2歳をすぎると免疫・体力がついてきたのか、中耳炎を繰り返さなくなりました。

息子も2歳を過ぎ、保育園生活も2年を越すとめっきり病気の回数が減りました。鼻水はしょっちゅう出ているような状態ではありますが、それでも耳にはくることなく。
左耳はまだチューブが入っていますが、どちらかというと左のほうが状態が悪かったので、このまま自然に取れるまで様子を見ようと思っています。

このまま、中耳炎にかからないようになるといいな。
通院、入院と二人とも大変でしたが、子供達が大きくなったら、きっと「大変だったんよ~」と笑って話せるようになるでしょう
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
よかったですね~。
読んでいてなんだかわが子のように嬉しくなりました、
子供の成長のパワーってすごいですよね。傷もすぐ直るし。
中耳炎も もうかからないことを私も願っています。
↓ たまりんちゃんの絵、シナモンとキティすごくよくかけてますね~ 特徴つかめてるっ
2007/06/16(土) 22:28:55 | URL | ハルりんママ #-[ 編集]
ありがとう~。
中耳炎に関しては本当に長い長い治療で、大変だったので、サイトでも中耳炎のスレとか見るとついついレスしたくなっちゃいます。
二人とも点滴の針さしたり、手術したり、入院したりした痛い記憶はもうないみたいなので、それが幸いです。

ハルりんママさんも出産頑張ってね!!
2007/06/18(月) 12:55:20 | URL | 鈴ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。