ワーキングマザーが綴る日々のひとりごと・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


選曲と編曲許諾のカベ
2011年09月13日 (火) | 編集 |
最近寝ても覚めても考えてるのは、
娘の来年のJEF(ジュニアエレクトーンフェスティバル)用の曲。
来年は小学校4年生で、低学年の部で出場するラストチャンス。
高学年になるとモチーフ即興演奏とかあるし
結構難易度高いかな・・・って思って
この1年でとにかくしっかり頑張ってほしいと願っているところ。

先生にも相談したのですが、
まずは「演奏研究会」というのに入ったほうがいいとのことで。
ちなみに、今年の受賞者は演研に入っていた子たちがほとんどだったみたい。
通常レッスンとは別に、専門の先生による月1回のレッスンを受けるんですが
演研に入るためにはオーディションがあるらしいです
さらに、その月1回のレッスンを受けるために、
通常レッスン以外にも個人レッスンを増やすらしく・・・。
そうしないと課題をこなせないんだって。
当の娘は「練習が増えるなんてイヤ!!」と言ってるけど
「同級生や下級生に負けるのは絶対イヤ!!」とも言ってるので
その負けん気でなんとかついていってほしい・・・。

とりあえずオーディションまであと2週間。
前回弾いた「パートオブユアワールド」を再練習中。
これがあんまりヤル気なしなもんで、こちらとしてはイライライライラ・・・。
まあね、グレード試験も早く受けさせたくて通常レッスンもやり、
さらに10月にあるアンサンブルの大会に向けて
追加のグループレッスンもはじまったので、
先週から2時間ぶっ続けレッスン、本人にとってはキツイだろうけど・・・。
とにかく頑張れ頑張れ!!


ということで、私もいろんな曲を聞きまくっては
娘に「これどう?!」とすすめる日々。
吹奏楽の曲で「これがいい!!」と
娘が直感で決めた曲があったんですが。
先生いわく、
「著作権のからみで編曲許諾がいるので、JASRACに問い合わせてみてください」と。
要は、吹奏楽用のスコアからエレクトーン用に編曲してもいいか、
著作権者に許可がいる、ということです。
今後のこともあるので、自分でやってくださいね♪と・・・。
JASRACのHPから、権利者は誰かわかるようになってるの。
その曲は外国の作曲者で・・・先生に相談すると
「英語でメールとか送れます?!」
外国の管理会社に、
この曲をエレクトーンに編曲してもいいですか?って英語でメール送って
問い合わせないといけないんだって。
それも連絡が途絶えたり、連絡に時間がかかったりすることが多々あるらしい。
私には英語っていうだけで無理ですから~~残念!!
やってみたら意外とできるものなんかもしれないけど
やっぱり英語のカベは私には高すぎます

即座にあきらめて、日本の作曲者の曲に進路変更。
だって日本語で問い合わせできるもんね
ということで、これよさそう・・・と思った曲の作曲家さんのHPを見つけ
そこからキンチョーしながら編曲OKですか?!とメールを送ったら、
なんと!!すぐにお返事をいただけました。
全く問題なくOKだそうです!!

ま、まだ曲は決定してないんですが・・・。
4、5曲候補があって、それぞれ編曲OKかどうか問合わせ中のものもあり。
すべて私が見つけてきた曲なので、そこから娘の気にいる曲があるかどうか・・・。
今から半年以上かけて付き合わなきゃいけない曲だから
やっぱり本人が気に入った曲じゃないと無理だと思うし。
決定したらスコアを買って、それからエレクトーン用に楽譜を書き直さなきゃ。
・・・て、娘にできるのか・・・?!
それが一番不安かも。


私が自分で編曲したのは高校生でした。
今は時代が違うのね・・・。
小学生でも編曲くらいしないと戦えないなんて・・・
大変な時代だわ・・・。


↓参加しています。ポチっとお願いします
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村




スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。