ワーキングマザーが綴る日々のひとりごと・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヤマハ 新展開
2012年07月01日 (日) | 編集 |
娘のコンクール・息子の発表会も終わり、
少しのんびりムードのこの頃。
コンクール後は久々に1週レッスンもお休みが入りました。

休み明けの娘のレッスンの時、
いきなり先生から、
「今後を考えてエレクトーン専門の先生に代わっては?」
とお話がありました@@
今習っている先生はピアノが専門の先生なので
高学年になると自分で楽譜を書いたり音を作ったりすることに対応できる
エレの先生のほうがいいのではないか?と・・・。

とりあえず、8月上旬のもう一つのコンクール、
下旬の演奏研究会の修了コンサートまでは今の先生で、
9月から新しい先生で、レッスン会場も変わることに。

という話をしてた矢先、
早くも次回の演奏研究会のオーディションの日程が決まったので
どうしますか?とのお話。
正直テキストを進めてグレードを取りたい!!と言っていた娘。
コンクールはどっちでもいい。発表会のほうがいい。とか
いろいろ言ってはいましたが・・・
最終的にオーディションを受けると言ってくれたので
先生にお話をすると。
なんだかまたまた話が変わり、
7月から30分は今の先生にテキストと今のコンクールの曲のレッスン、
もう30分は新しい先生に来年のコンクールに向けたレッスン、
ということになりました・・・。

土曜日に午前・午後と2会場に移動してのレッスン。
親としては送迎も娘のため・・・と頑張るしかありません。

先日も私の母と話をしてたんですが、
本人の才能もあるとは思うけど、やっぱり先生の力は絶大、と。
私自身、小さいころの先生の記憶はあんまりないけれど、
小学校中学年のころの先生は
コンクール前には自宅のエレクトーンを生徒に開放して
練習させてくれたりもしてました。
当時は本番で使う上位機種のエレクトーンはすごく高くて、
楽器店の本店くらいにしかなく、
先生は自腹で購入したエレクトーンを使わせてくれていました。
通常レッスンもこなしてそのうえにコンクール用の個人レッスン。
選曲、楽譜書き、音作りと、先生もお忙しかったと思います。
時代が変わった今は、小学生でも編曲するんだから
子供も大変だよね・・・。

新しい先生がどんな先生かまだわからないけれど、
娘も先生が変わるとどう変わっていくのか、
楽しみに見守っていこうと思います。


↓参加しています。ポチっとお願いします
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
頑張ってるね~!
親子ともに本当に頑張ってるよね~!素敵!

うちなんていまだにキーボードで練習させているという・・・しかも1回5分でよしって言ってるレベル(^-^;
うちは買っても電子ピアノなのね。
でも矯正始めちゃってそれさえも買ってないという・・・。

ヤマハにいるとヤマハばっかりすすめられるんだろうなと思うと先生にも相談できず、どうしようかなあって思ってる。
うちは趣味程度でいいっていうのがあるからね、あまりお金をかけてがっかりしたくないっていうか(笑)

先生の影響ってすごい大きいだろうね。
娘ちゃんはすごい頑張り屋さんだから、もっともっと伸びるだろうし、親も期待しちゃうね~。
2012/07/14(土) 23:05:44 | URL | おひさまハハ #-[ 編集]
No title
v-160おひさまハハちゃんへ

ジュニア科もしばらくはキーボードでも大丈夫よね~。
でもそのうち難しくなるかしら・・・。
ヤマハよりも個人のピアノ教室のほうが安いから
そちらに変わる子も多いね。
まあでもヤマハは発表会とかアンサンブルとか
楽しいこともいっぱいあるんだけどね~。
それは個人教室でもやってるとこもあるかな?

ただ、ヤマハじゃないとしても、やっぱりピアノはタッチとかあるから、
ちゃんと習うならキーボードよりピアノの方がいいと思うんだけどね。
一日5分でもね、音楽の習い事は継続練習が大事だと思う。
うちの息子も自主的には練習しないから
正直親が付き合うのが一番大変なんだけど・・・(苦笑)
こつこつ練習することで、音感とかよりも、
根気っていうかそういうのが身につくような気がするなあ。
2012/07/21(土) 22:35:27 | URL | 鈴ちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。