ワーキングマザーが綴る日々のひとりごと・・・
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


発表会&コンクール
2013年06月14日 (金) | 編集 |
先週末、息子の発表会と娘のコンクールでした。

例年は、日曜日の朝から晩までかけて、
発表会部門とコンペティション(コンクール)部門が行われていましたが、
今年は土曜日にも発表会部門があり、息子は土曜日に発表会でした。

最初は発表会出たくない!と言っていた息子でしたが・・・
曲も本人の好きな曲を選び、
今年1月のJOCで、曲はできても弾くのが間に合わず直前で出場断念。。。
というイタイ経験を生かして、練習に3ヶ月かけました。
なんとか曲も仕上がり、本番では少々間違えはしましたが、
とにかくちゃんとステージで弾けて安心した~(^^;)
はじめての発表会だった去年は
曲も簡単だったし、緊張の「き」の字もなかったんだけど、
今年は直前まで
「大丈夫かねー。ちゃんと弾けるかねー・・・」
と心配してました。
それもまた成長成長!!
衣装は、曲のイメージから、マリン風のTシャツにこじゃれた半ズボン。
まったく力の入ってない母セレクト(苦笑)
男の子なんて、こんなもんよね・・・ハハハ~^^


娘のコンクールは日曜日の夕方から。
今年から高学年の部(小学校5・6年生)です。
担当の先生が変わり、昨年8月に曲を決め、
11月からは月一回の演奏研究会に入り
親子とも紆余曲折ありながらも頑張ってきた集大成のステージ。
こちらも多少間違えて残念><なところはあったけれど、
演奏に表現力が加わって、今年はすごく成長した演奏でした。
演奏が終わって席に帰ってきた娘、
緊張と興奮でドキドキ、手は震えていて、
でもやりきったー!っていういい笑顔でした
次の大会に進んだのはやはり毎年選ばれている6年生。
いやーもう桁違いの仕上がりですよ・・・。
こればかりはしょうがないです。

他の子たちの演奏を聞きながら、
母は娘との今までのヤマハ生活をふりかえっていました(笑)
発表会初出場は2年生。
コンクール初出場が3年生で、
この時は既成曲(もともと楽譜のある曲)でした。
あまりの周囲とのレベルの差にビックリ@@したのを覚えています。
4年生では初めてコンクールのために吹奏楽のスコアから編曲した曲。
編曲は先生で、本人は弾くのでせいいっぱい。
周囲と比べたらまだまだだなあ・・・と思った去年。
そして今年。
親バカな面もあるけれど、
ようやく「コンクール」に出て、戦えるレベルにきたかな?!と。
特にこの1年間の成長は、本当にビックリするほどでした。
本人の努力もあるだろうけど、
担当の先生と、演奏研究会の先生のおかげだなあ。
聞くとケンカになるので、私は練習はほとんど聞かないし・・・(苦笑)

とりあえず、2日間続いた緊張感から解放され、
月曜日はなんだか放心状態で仕事にならなかった
夏休みにもう1回コンクールがあるので、
去年の銅賞より一つランクアップした「銀賞」を取るのを目標に
頑張ろうねって娘と話しています。
演奏研究会の修了コンサートもあるしね。

「来年はグレード取りたいからコンクール出ない」
と以前から言ってた娘。
私も
「来年はコンクールはもう出なくていいよ~」
と言ってはいましたが・・・
あれだけの演奏を見せてくれると、欲が出るもんで。
やっぱり来年も出てほしい・・・(笑)
それに、中学生になると忙しくなるみたいだから、
頑張れるのは小学生のうちかなって思ってます。

↓参加しています。ポチっとお願いします
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村








スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。